芝刈りは庭の美化活動|刈る芝の見極めが大事

住宅

除草のポイントと特徴

庭

草むしりをするときは、根から取ることが基本で、道具を使うとやりやすくなります。草むしりをすることで、農作物への被害が減ります。草を取ることで、達成感を感じ、ストレス発散になります。自分でできなくても、草むしり専門の業者があります。

詳しくはこちら

芝を手入れする

経験を活かし丁寧な作業をしてくれる芝刈りの業者はここにあります。芝が増えて困ったという場合に頼ってみませんか。

丁寧な作業を行なってくれる草刈りの業者はこちら。広さによって費用は変わるため先ずは見積もりを相談しておきませんか。

自分で簡単芝の手入れ

道具

庭に芝生を植える事で、暑い夏にはコンクリートの様な照り返しなどが無くなるので涼しく過ごせるのですが、長いままにしておく事で芝生はどんどん弱ってきてしまいます。その際には根元に太陽が届くように手入れをする必要があるのですが、芝生の種類によって伸びる時期が異なるので注意が必要です。例えば高麗芝は春から秋にかけて伸び続けるので、月に1回から2回の芝刈りを行う必要があります。寒冷地西洋芝は春から冬ごろにかけて伸び、夏には成長が早い為一週間に一度程度芝刈りをする必要があります。芝生を刈る高さの目安は、2センチ程度を目安にする事が大切ですが、誤って生長点の部分を駆らないように注意し、根本部分から3分の1部分を刈りこむと良いです。

芝を刈る時に注意する事

芝生を植えたばかりの庭では、まだ芝生が根付いていない事もある為、芝刈りをしてしまうと枯れてしまう可能性があります。あまり伸ばしすぎても、刈り込むときに誤って生長点のある部分まで刈ってしまう可能性もある為注意が必要です。伸びてしまって芝は、一気に刈り込むのではなく徐々に刈っていく必要があります。このあたりのさじ加減は素人目に判断が難しいため、後悔したくないのであれば専門家に依頼しましょう。芝刈りを行う造園業の方は、ただ芝を刈るだけでなく、必要な箇所だけをピンポイントで刈ってくれます。また野放しにされて葉が伸びきった芝なども全て刈り取ってくれるので、手付かずの土地を持つ方にもおススメと言えます。

気軽に申し込みを行なうことができるようになっているので芝刈りを依頼したいと思っているならこちらです。

自宅の庭の芝が荒れ放題なら芝刈りをこちらの業者に頼みませんか?低価格でとても綺麗に芝を刈ってくれます。

庭仕事を安く依頼しよう

園芸

家庭菜園を行う場合は、造園業者に土の入れかえを依頼するとより収穫量を増やすことができ楽しめます。また造園業者には、剪定などを依頼することができ、最近では明瞭な見積りを提示する業者が増えており、比較できるようになっています。

詳しくはこちら

美しい庭を目指して

園芸

横浜で住宅の庭の木などの伐採する場合は、費用・景観などからプロの知識を持った業者にお願いすることがお勧めです。戸建て住宅への侵入を防ぐため、今後防犯対策も兼ね備えた伐採サービスが増えることが予想されます。

詳しくはこちら